×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

熊山遺跡/岡山県
●熊山
山頂の石積み
所在/岡山県赤磐市熊山 標高/507.8m
●説明文に依れば、
石積みの頂上に竪穴の石室(約2m)があり、一枚岩のふたがある。その中には陶製の筒型容器(高さ約1.6m、5分割できる特殊な構造)が収められていたという。容器の中には三彩の小壺と、文字の書かれた皮の巻物が入っていた「と伝えられている」と云う。
この容器と小壺から察するに、奈良時代前期の仏塔と考えらている。

32基の崩れた石積み跡
熊山山塊には、現在大小32基の石積みの跡が確認されている。しかしそれらは、山頂の石積みに「似ているが、築成の目的・年代・築成者などは異なるものと思われる」というのだが・・。


リンク⇒ 熊山遺跡
熊山町のはなし
[熊山町]熊山


PAGE-TOPへ

日本のピラミッド