●亀石と蛙石
亀が亀を指し示す!!魅惑を秘めた芸術方位石「亀石」
前面から見ると2体の石を並べた方位石である事が分かる。
方向は東西を指し亀の首は東を指している。
さらにー、
殆どの方は気づかないと思われるが亀石と通路を挟んでもう一体の方位石がある。

かなり痛んでいる上に数年前の台風時に倒れたらしい倒木が石を覆っている。
ただし、コチラは亀の格好はしていない。直線状に石を並べた方位石であり、
南東方位を指している。
●蛙石と命名された方位石
亀石から程近い場所にある石で、コチラは「蛙石」と名づけられた方位石があり、2体ともしっかりしている。ーが、どうもこの石はカエルではないようだ。
通路脇にある蛙石と名づけられた石。
光線がまばらでちょっと見にくいが、右手を頭に見立てるとカエルがつくなんでいるように見える。
だがどうもそうではない。
頭は石の左手で、寝そべった亀がちょこっと首を突き出している図で右端に尾っぽがついているのではー。つまりこの石は、カエルではなく「亀」を表しているのだ。

通路からわずかに降りた斜面にある2つ目の方位石は3メートル余りの巨石。
コチラはカエルと言うよりは亀の姿に近い。亀の頭は
南東方位を指している。
この直ぐ傍に●南無阿弥陀仏と掘り込まれているという石がある。
ただ、文字はちょっと確認できない。
◆これはかなり後世に作られたもので上の方位石とは時代が異なる。
ただし、石は縦長の四角形で単に置かれているのではなく、正面・側面は正確に東西南北に沿って立っている。

⇒亀山ピラミッド方位石の指す方位
■亀山ピラミッド方位石の指す方向
亀山で重要なのは亀であってカエルではない。蛙と表示されているからカエルに見えが、亀と表示されていたら亀に見えのではないだろうか。
この石の方位線は東西で、
突き出した頭は西方位を指し示している。
通常の方位石は南北、または、東西と言うように2方向を指す。
ところがここの方位石には頭があり、頭のある方向を指しているように見える。
●この石がカエルではなく亀ではないかと言うもうひとつの重要な理由がある。
この亀の形をした方位石が指す方向には亀の名前がついた地名である可能性がある。
亀は亀甲、すなわち、六角形図形を意味している。この方位石の指す山には、亀、または、甲などの亀を連想する名がついている。ただし、山ではなく地名になっている可能性もある。この方位石の時代からは最短でも1500年以上が経過している。
この2種類で4体の方位石が指す方位は、東、西、南東が2つである。
このそれぞれの方向にこの山に関係のある山が存在していると思われる。そして、石の古さは指し示す方向の山の古さを物語る。つまり、方位石を作った時代が古いはずなのだ。
ただし、亀石についてはかなり巧妙で後世に作り直された可能性もある。ただ、後世と言っても1500年以上前の話だがー。
この亀山山塊には、あちらこちらに数多くの方位石が配置されている。
その殆どは2体の石を並べたものでこの山塊内で迷わないためのものと思われる。
しかし、ここの方位石は、石が大きいこと、造りが巧妙な点、そしてこれらの石のある場所は亀池のすぐ上に当たり、一方の視界が開けている場所で迷いやすい場所では無い所にある。
これらの理由からこの方位石はこの山の内部を指しているのではなく、この山以外の山を指していると考えられる。
そして、これらの方位をピラミッドライン図に照らし合わせていくと、
<注>4体の方位石が指す方位は4方向で、このうちの2方向は確認できましたが後の2つはまだ分かりません。
@亀石そばの古い方位石(南東方位)は京見山を指している。
 京見山案内についてはコチラ⇒京見山(姫路市広畑区)を参照
●亀山と京見山の関係は、
京見山は亀山の出先機関として造られた山だったのではないか。
この2つの山の南方向には、海しかないのである。
この亀山に人が住み着いたのは古代の一時代、海面は現在の海面より数メートルばかり高かったと思われる時代である。
亀山山麓の現在の龍野市街は満潮時には海水に覆われてしまう遠浅の海だったと思われる。これは播磨風土記の姫が丘命名伝説の中で述べられている。しかし、亀山は現在の海岸線からでもかなり内陸に入り込んでおり海の彼方を見通すにはちょっと距離がある。そこでここからの出先機関として南東方向の京見山を置いたのではないか。当時の京見山は遠浅の海に浮かぶ小島ではなかったか。
この京見山からは瀬戸内海が一望できる。そして、京見山のまっすぐ南方には家島群島があり、そこには方位石の存在が確認されている。

家島群島の男鹿島に標高220メートルの大山があり頂上に大山神社かあったという。しかしこの山は関西空港の土砂採取場となりこの山は消滅した。
この神社の境内にあったというのが下記の大山神社遺跡の石である。


BanCul2008秋号より引用

一目瞭然、これが方位石であることは一目でお分かり頂けるだろう。この石がいずれの方位を指していたのか、この山そのものがなくなってしまったと言うのだから確かめようもない。
もしかしたらこの石は「南南西」を指していたのではなかったかー。
江島群島は八幡山ピラミッドの南南西方位にあり、その延長線上には「剣山」があるのである。

参照⇒西日本のピラミッドライン

そして、解説には続きがある。
この山の頂上にはほとんど樹木がなく大岩がゴロゴロしていたと言うのだ。この大山そのものが、四国へ至る本土南端のピラミッド山だったのかも知れない。
A亀石の指す東方位
東方位には峰相山、書写山などのそれらしいいわく付きの山があるのだか、実はそれらではない。なぜこれだけが巧妙に作られているのか、それはこの石の指す山は、この山と同じ名前を持つ山なのである。


地図を参照してお分かりいただけただろうか。

峰相山、書写山、その向こうの広峰山もピラミッドではないかと云われる山なのだが、この亀山の亀石が指しているのはさらにその彼方、つまり、亀石の名前のとおり、「亀」を指しているのである。
そして、この亀(甲)は人工造山だと云われている山なのである。
拡大⇒兵庫西部のピラミッドライン

NEXT⇒人工造山「甲山」


亀山ピラミッド
一覧案内